CONTACT

© 2018 FORESTBANK all rights reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black YouTube Icon

株式会社フォレストバンク

徳島県徳島市沖浜町北畑513-3 7F

TEL 088-624-9963

FAX 088-624-9906
info@forestbank.co.jp

スクリーンショット 2018-08-16 23.06.54.png

FOREST BANK's

Forest

フォレストバンク 森のやくそく

FSC®(Forest Stewardship Council®)

 

フォレストバンクは、「森林管理方針」に則り、

FSC®及びSGECに対し、森林管理において原則の遵守、

世界に通用する基準、自然・環境に配慮した林業、質の高い森林の維持保全活動を 実施し、

林産物、環境・経済・社会的付加価値を高めます。

《基本方針》 

(1)法律及び原則遵守

フォレストバンクは、関連する国際法、国内法及び、各自治体の条例を遵守します。 

 

(2)労働者の権利及び安全管理

フォレストバンクは、ILO条約及び労働基準法により保障し、

労働者の安全衛生管理は、労働安全衛生法に基づいて行ないます。

 

(3)森林資源の持続的有効利用

フォレストバンクは、林産物の生産や収穫、持続的な経済が可能となるよう努めます。

多様な森林資源を活用できるよう研究・検討し、実行可能なものがあれば積極的に採用していきます。

 

(4)流通管理

フォレストバンクは、認証森林から生産される木材について、認証材を明確に区分します。

 

(5)現況調査とモニタリング

フォレストバンクは、森及び森林資源の実態把握に努め、管理計画・施業計画に反映させます。

 

(6)地域活動

フォレストバンクは、様々な形でよりよい森づくり活動企画・運営、林業関連活動への参加、インターンや視察の受け入れ、

森の機能・循環・整備等についての広報活動を行ないます。

 

《環境方針》

フォレストバンクは、林産物の生産と環境保全が共存した森林経営ができるよう努めます。

 (1)生産地区・保全地区・保護地区の設定

林産物収穫を目的とした生産地区と保全地区を設定し、

保全地区においては、生物多様性の確保を最重視した森林管理を行ないます。

 

(2)生物多様性の確保と生態系の保護及び景観の多様化

管理対象森林内の尾根、谷沿い及び林道沿いは、生物多様性の確保、

生態系の保護及び景観の多様化を目的に、広葉樹林化を促進します。

 

(3)管理対象森林内の杉、ヒノキの人工林においては、間伐を促進し、下層 植生の導入を図り、生物多様性の機能を促進します。

 

(4)生物多様性の確保と生態系の保護

生物の多様性の確保と、希少動植物の保護および生息環境の保全に配慮し、適正な森林管理を行ないます。

 

(5)化学薬品等の規制

環境保全の観点から、化学薬品、化学肥料の使用を極力避け、代替物として有機肥料等を使用するよう努めます。

 

(6)水資源の保護

廃棄物や作業等により排出されたゴミ等は、周辺の環境に悪影響がでないように適切に処理します。

 

(7)環境影響の調査と環境配慮の確認

森林管理に起因する環境的な影響について調査・把握し、その評価を行なうと共に、その結果を管理計画に反映します。

 

(8)猟害への適切な対応

森林内におけるシカ・イノシシ等の害獣対策については、植栽時に柵を設置するなど、適切に対応を行います。  

 

 

《施業方針》

木材生産と環境保全が共存する豊かな森林環境を確保・維持し、

地域社会の持続的安定を尽くすことを施業の基本とします。

 

 《教育方針》

森林内での作業が適切かつ安全に行えるよう、施業前には作業内容の確認を実施します。

救命救急講習会や林内作業に関する研修への参加を行い、事故予防・緊急時の対応に備えます。

 

【H25.10.1制定、H27.12.1一部改訂】